「神戸教會々報」インデックス(2019 管理)

(サイト記)管理用インデックスです。1979年秋から2002年春まで約23年(神戸教会牧師時代)の「神戸教會々報」の表紙を集めたものです。未入手の欠番が2点あります。震災時の特別号も含めて合計80数点になる予定です。

通番号数発行日タイトル
1 921979.11.4宣教の将来 ……人格の高さによって人間の関係が見られていく社会を宣教の課題として励んでいきたい。
2 931980.4.13牧会祈祷 ……個人の生き方においても、このみ言葉の持つ力が、私たちの仮面を砕き「弱さにおいてこそ強い」との主体とならしめて下さい。……
3 941980.10.12教会の共同性の中で ……パウロの十字架の神学を学び返すことで、我々が知らぬまに足をすべらしている福音のグノーシス主義的理解と律法主義理解からの問い直しを望んだと言い得ると思う。……
4 951980.12.21ともしび ……光を知らない世の中にあって、光の方を向き、またその灯を守り通すことが逆方向であっても、光(灯)を与えられていることが大いなる喜びです。……
5 96不明未入手
6 971981.10.18教会の歴史と私達の信仰 隠されているもので、あらわにならないものはない。ルカ 8:17
7 981981.12.10いっぴきのとらごろう ……人間の悲惨を自覚しつつも、神による共同性を信じて意志的、決断的な生き方へと招かれている信仰者の生き方を暗示すること深い物語です。
8 991982.4.11イエスはよみがえった 「驚くことはない。あなたがたは十字架につけられたナザレ人イエスを捜しているのであろうが、イエスはよみがえって、ここにはおられない」マルコ 16:6。……自己の業績、自己実現が破れ去っても、まだ生きていてよい、何かしてよいというゆるめを覚える。「彼は甦らされた」(16:6)。ここから始まる生を生きていきたい。
91001982.10.17旧約聖書と私たちの教会 ……旧約聖書を残した民族が何千年もかかって刻んだ「主なる神」との関わりの巨大な歴史を、私たちの教会が、その歩みにおいて生きた関係にまでしてゆこうとする企てなのですから……
101011982.12.10星とクリスマス ……星のように遠くかすかであっても確かなもの、いや暗い夜空に輝くものを見つめ続けることが人生の衰えからの自由をもたらすのではないでしょうか。……
111021983.4.3神の派遣 わたしは、まもなく、テモテをあなたがたのところに送りたい。 ピリピ 2:19
121031983.7.10イエスからの問い そこでイエスは彼らに尋ねられた。「それでは、あなたがたはわたしをだれと言うか」。ペテロが答えて言った、「あなたこそキリストです」。マルコ福音書 8:29
131041983.10.16北海道の旅 ……函館上陸第一に新島襄海外渡航記念碑を訪れる。……「走るべき行程を走りつくし」(テモテⅡ 4:7)て召された父を偲んだことであった。……
141051983.12.18恐れるなマリヤよ 恐れるなマリヤよ、あなたは神から恵みをいただいている。ルカ 1:30
151061984.4.22キリストの言葉を豊かに キリストの言葉を、あなたがたのうちに豊かに宿らせなさい。そして知恵をつくして互に教えまた訓戒し、詩とさんびと霊の歌とによって、感謝して心からほめたたえなさい。コロサイ 3:16
161071984.7.15向う側からの学び もし異邦人が彼らの霊の物にあずかったとすれば、肉の物をもって彼らに仕えるのは、当然だからである。 ローマ 15:27
171081984.10.21「ために」ではなく「共に」 わたしたちは……あなたがたの喜びのために共に働いている者にすぎないコリント第二 1:24
181091985.1.27「宣教方針」へ寄せる想い ……何よりも一人一人が信仰によって生きる個性的な、創造的な、豊かな生を祈り求めていきたい。それが時代の風潮である「笑顔のファシズム」と言われる管理主義や「個人」にまでしのびよる強固な支配体制に抗することであろう。主イエスに在る創造的生き方こそ、益々右傾化していく国の中での、信仰による証しと、諸課題を担う負い方であると信じる。
191101985.7.7玄米と大麦のパン 大麦のパン五つ……を持っている子供がいます。ヨハネ 6:9
201111985.10.6寒流に棹さして − コリント第二の手紙の講解説教を終る −  ……戦後40年、自国中心の繁栄や軍事大国指向の流れが「寒流」であるとすれば、支配の構造はそこにあるだけではなく、「平和や民主主義」を求めてきた側にさえ、それは伏流としてしみ込んで来ています。愛を基本とする暖流と力の支配による寒流とは、あらゆる領域でせめぎ合いぶつかり合っています。自からの内なる寒流に棹さして歩むことへの促しを、このパウロの手紙に感ぜざるを得ません。
211121986.3.30イエス見えずなり給う 彼らの目が開けて、それがイエスであることがわかった。すると、み姿が見えなくなった。ルカ 24:31
221131986.10.26最初の礼拝 自分のからだをもって神の栄光をあらわしなさい。 コリント人への第二の手紙 6:20
231141987.2.15静聴の座 早朝の陽光がステンドグラスを通し柔らかく注がれ、礼拝堂には長椅子が静かに沈み、輪郭だけが白く光って浮かびあがっている。人気のない空間は逆にここを魂の養いの場とした多くの人たちの行き交いを想像させる。……
241151987.6.21園庭の赤土 (健作さん53歳、牧会30年目、神戸教会10年目)人はそれぞれ自分の生活を意識の中心に据えている。例えば、私は「幼稚園のある教会」だと思っているが、園児のある子は「ぼくの幼稚園には教会がある」という。私はそのことに大人の意識と子供の意識との違いを思った。……
251161987.9.13「箴言」の味 そこには相対的、部分的でありながら、個人の人生において遭遇したことどもを省察するところからくる経験知の一句に、「神」を知ることを含めて全体への洞察を秘めようとしている。少なくともそのように経験した人たちが居るということが箴言の味であろう。
261171987.12.20季節のいざない 見よ、わたしは戸の外に立って、たたいている。 ヨハネ黙示録 3:20。……今年も様々な「外」に思いをめぐらす。私たちの思いを越えて外は寒いかもしれない。
271181988.3.27くるみの木の十字架 神は、神を愛する者たち、すなわち、ご計画に従って召された者たちと共に働いて、万事を益となるようにして下さることを知っている。ローマ 8:28。……秋、病状が急変して、神のみ許に召された時は、それを抱きしめながら「平安、平安……」と口づさまれたと、承わりました。……
281191988.7.10坂道 「ヤコブは小さな者です」アモス 7:2。…… 私は判決の当日、重い気持ちだった。だが、その重さを一方では自からへの試練とした。……
291201988.10.2古時計 わたしの時はあなたのみ手にあります。詩篇 31:15。……それが詩篇の詩人の心を宿すことでもあろう。
301211988.12.18児戯の復権 イエスは声をあげて言われた。「……あなたをほめたたえます。これらの事を知恵のある者や賢い者に隠して、幼な子にあらわしてくださいました。……」マタイ 11:25-26。私たちの日常的営みや社会的活動の中には「児戯に類する」ことは多くある。実利では計ることの出来ない営みはその側面を持つ。しかし、「児戯」「虚業」の復権が、我々を「みどり子イエスの誕生」の場へと導く。……
31122不明未入手
321231989.7.9群衆の一人 − 弾圧下の中国学生を悼む それから、イエスは群衆を再び呼び寄せて言われた……かえって、人の世から出て来るものが、人をけがすのである。マルコ 7:14,15。……悲しみを抑えることはできません。しかし、彼は軍隊の中にいる群衆の一人に語りかけた人です。彼もまたイエスを証している一人ではありますまいか。
331241989.10.22地の果の胎動 − 頌栄百年に寄せて 主を待ち望む者は新たなる力を得る。イザヤ書 40:31。異民族支配にうみ疲れている地である。……その者たちこそ「主を待ち望む」ことによる力が必要だった。今日、近代日本と神戸教会の道程をふり返るにあたって、その信仰を忘れまい。
341251989.12.24キリスト教と天皇制 玄関には彼らのいる余地がなかった。ルカ 2:7。……クリスマスの季節。内々の人垣の温みのある「客間」ではなく、その外なる飼葉おけの中に誕生し、疎外された者たちと共存し、固定的ユダヤ教律法主義を批判しつつ歴史に「十字架」の意義を残したイエスとの新たなる出会いを求めてまいりたいと存じます。
351261990.3.18海の彼方人あり 剣を取る者はみな、剣で滅びる。マタイ26:52。…「どちらから?」「神戸の教会から」と挨拶をすると、あたかも遺言でも語るように一語一語、反戦平和の根本を語り、壁に記された「すべて剣をとるものは剣にて亡ぶ」という言葉を指さして、若い人にこのことを教えて欲しいと言われた。……
361271990.7.8くびき の ともがら 神が合わせられたもの…マルコ 10:9
781642001.12.23再度谷を下る
791652002.4.7「”所与”の恵み」(神戸最後の説教要旨)
801652002.4.7教会員から、岩井先生ご夫妻へのメッセージ