紅葉坂教会 2

 横浜の紅葉坂教会を前回とは違った角度から描いてみた。背景にすぐ前のマンションやランドマークタワーが入って都心の地が一層濃い風景になる。ここは神奈川教区の社会的集会の会場には頻繁に用いられる。

 牧師・北村慈郎さんが委員等の寿地区の集会はもとより、性差別、基地自衛隊、核問題、国家秘密法、多民族共生などなど、どれも現代の教会の宣教課題である。寿の炊き出しはJRで二駅先の公園で毎週金曜日に行われているが、それが「開かれた聖餐」の原点でもある。この教会は「聖餐」についての学習を長年重ね、北村牧師と共に「未受洗者陪餐」に踏み切った。教団は「不法な」手続きで北村牧師を、そのことのゆえに「免職」にした。こんなことがあってよいのか、と「教憲教規主義を標榜する教団現執行部体制」に強い憤りを持つ掲示板には1月30日の説教題が掲げてあった。”「岐路」北村慈郎牧師”と。北村さんを免職にした教団は、もはや近代日本に何の意味も持たない閉鎖宗教集団に陥る「岐路」に立っている。「北村牧師免職撤回」運動と同時に紅葉坂の姿勢を範としたい。


(サイト追記)日本キリスト教団 紅葉坂教会(外部リンク)

横浜市西区宮崎町 1 日本キリスト教団 紅葉坂教会

神奈川教会

神奈川教会は横浜駅から東横線で一駅・反町を降りて駅の南東徒歩で3分のところ、丘の上にある。横浜はキリスト教開教以来、改革長老派の教会が多い。そんな中、メソジストの伝統の教会で、創立は1875年(明治8年)、昨年134年を記念した。R.A.マクレー宣教師夫妻の開拓が起源である。夫妻はかの有名な青山学院をも創設した。教会員・二宮ワカ姉が1893年(明治26年)神奈川幼稚園を始めたが、太平洋戦時下、横浜大空襲で途絶えたものを教会が1948年教会付属神奈川幼稚園として開設。国の学法化政策の嵐の中にも宗教法人立(102条園)として見識ある運営をしてきている。1967年、現会堂・幼稚園舎を建築、以後エレベーター、冷暖房などを設置し、幼児教育を通じ地域に根付いたモダンな教会である。歴代牧師は31人を数える。戦後の発展には牧師・滝沢陽一の働きが大きい。1996年以来、阪口吉弘牧師が赴任。同氏は魚住せつ牧師の「門下生」、同志社神学部出身、兵庫教区では甲南教会に働いた。そんな誼があってか、創立記念礼拝に招かれ、この教会に出会った次第である。