聖書に出会えば、何かが起きる

安中教会創立130周年記念礼拝 2008.5.25「安中教会便り」所収

「始めに、神は天と地を創造された」創世記1:1
「貧しい人々は幸いである。神の国はあなたがたのものである」ルカ6:30

ブラジルの「解放の神学」聖書学習運動に参加した経験がある。旧約学者、中ノ瀬重之神父は、聖書の神を「△の神」か「○の神」かで単純明快に読み解く。△の神は底辺が奴隷で、過酷な競争と階層があって頂点に権力者とその神を据える。それはエジプトのパロ、イスラエル王国の神殿政治に象徴される。○の神は、出エジプト、預言者の活動、補囚後の民衆の救済の神であると。

“聖書に出会えば、何かが起きる” の続きを読む