「望楼」インデックス(2009-2012)

(サイト記)管理用インデックスです。2009年初頭から2012年夏まで約3年間(明治学院教会牧師5年目〜7年目、75歳〜77歳)、「キリスト新聞」紙面コラム「望楼」の連載です。各回毎のタイトルは本来ありません。筆者が便宜的につけたタイトルで分類しています。

通番発行日タイトル
12009.1.17歴史意識と記憶(阪神淡路大震災から14年目)
22009.2.21喜んであなたのパンを食べなさい
32009.3.28「ことば」は「からだ」で語るもの
42009.5.7基地と教会
52009.6.20九条の会、加藤周一追悼
62009.7.25光と合掌の教会 🌟
72009.9.12英連邦戦没捕虜追悼礼拝
82009.10.17琉球、アイヌ、歴史認識
92009.11.28ほびっと ぼくになにができるか?
102010.1.30こどもの笑顔を消さないで
112010.3.13どうするアンポ
122010.4.24命漲る。 奥中山教会、カナンの園 🌟
132010.6.19涙。沖縄の叫び
142010.8.7難死 小田実が遺したもの
152010.9.25鎌倉・九条の会、井上ひさし追悼
162010.11.18生態系保全という課題
172011.1.22アジアを描く画家
182011.2.19川和保育園の園庭 🌟
192011.3.19高江(東日本大震災直後)
202011.4.16東日本大震災の後(震災から1ヶ月)
212011.5.28脱原発(震災から2ヶ月)
222011.6.25祈り 3.11後 🌟 (震災から3ヶ月)
232011.7.23避難所を訪ねて(震災から4ヶ月)
242011.9.3沖縄を語る言葉
252011.10.1コスモス
262011.11.5ドイツと小さな「脱原発」集会 🌟
272011.12.3哀しみの南京
282012.1.28人権の主体
292012.2.25パレスチナを忘れない
302012.3.24会津 分断を繋ぐ人格と説得力 🌟
312012.4.8歌集 小さな抵抗
322012.6.2沖縄「復帰」40年
332012.7.7問われる本土
342012.7.19宗教的なもの

「望楼」テキスト全文一気読み(2019 管理)はこちら