避難所を訪ねて(2011 望楼23)

2011.7.23 キリスト新聞

(震災から4ヶ月、明治学院教会牧師、健作さん77歳)

「結束力だけは自慢できる」と南三陸町中山集落の阿部倉善さん(馬場・中山生活センター会長)がNHKの取材で語っていた。

 震災直後、外部との連絡が途絶えた中で、集落の漁民家族約220人は高台の集会所で避難共同生活を始めた。

 阿部さんのリーダーシップは日頃の漁業生活の共同意識がベースにあり、災害緊急時を乗り切ったのだろう。4月11日からはホームページを立ち上げ、刻々と変わる避難生活が毎日数十枚の写真で綴られている。

 災害時の立ち上がりは自助、共助、公助の三つが大事だと言われる。

 必死の自助に加えて多くの共助の支援が入っている。キリスト教関係でも仙台北キリスト教会、錦織バプテスト教会、仙台YMCA、佐久バプテスト教会。他にアジア教会、国境無き医師団、高野山真言宗、企業、個人、ボランティア団体……。

 仮設住宅も行政の杓子定規には怒りをぶつけて交渉、土地も私有地を近くに確保、道も自分たちで整備、近くセンターの閉鎖を迎える。

 筆者は7日、阿部さん夫妻を訪ねた。これまでの歩みを涙を流しつつ語ってくださった。

 地震・津波災害は至る所で日本の地域力、そして「民力」を引き出した。新しい力に注目したい。(健)

宮城県本吉郡南三陸町歌津字馬場85-2 馬場中山生活センター

沖縄を語る言葉(2011 望楼24)