健作さんの”ゲツセマネの祈り” (受難週・マタイ・マルコ・ルカ)

(共観福音書に並行箇所、ヨハネ福音書に並行箇所なし)

 一同がゲツセマネという所に来ると、イエスは弟子たちに、「わたしが祈っている間、ここに座っていなさい」と言われた。そして、ペトロ、ヤコブ、ヨハネを伴われたが、イエスはひどく恐れてもだえ始め、彼らに言われた。「わたしは死ぬばかりに悲しい。ここを離れず、目を覚ましていなさい。」少し進んで行って地面にひれ伏し、できることなら、この苦しみの時が自分から過ぎ去るようにと祈り、こう言われた。「アッバ、父よ、あなたは何でもおできになります。この杯をわたしから取りのけてください。しかし、わたしが願うことではなく、御心に適うことが行われますように。」それから、戻って御覧になると、弟子たちは眠っていたので、ペトロに言われた。「シモン、眠っているのか。わずか一時も目を覚ましていられなかったのか。誘惑に陥らぬよう、目を覚まして祈っていなさい。心は燃えても、肉体は弱い。」更に、向こうへ行って、同じ言葉で祈られた。再び戻って御覧になると、弟子たちは眠っていた。ひどく眠かったのである。彼らは、イエスにどう言えばよいのか、分からなかった。イエスは三度目に戻って来て言われた。「あなたがたはまだ眠っている。休んでいる。もうこれでいい。時が来た。人の子は罪人たちの手に引き渡される。立て、行こう。見よ、わたしを裏切る者が来た。」

(マルコによる福音書 14章32-42節、新共同訳)
日時タイトル
451979.4.1
神戸教会2年目
復活前 ②
ゲッセマネの祈り
682002.3.10
(退任直前)
神戸教会
もうこれでいい。時が来た。
752009.3.15
受難節 ③
明治学院教会
ゲッセマネのイエス
752009.5.27(水)
とつかYMCA
ゲツセマネの祈り(2009 小磯良平 ㉒)
762010.2.21
受難節 ①
明治学院教会
支払いは済んでいる
802014.6.18
とつかYMCA
受難物語のイエス − 独りになるということ
812014.10.12
信徒講壇
明治学院教会
関係、そしてその自覚
812014.10.12
教会修養会
明治学院教会
今の時代を生きるということ – 目を覚ましていなさい
812015.3.15
受難節 ④
明治学院教会
信徒講壇
勘定済み

▶️ ”洗足” (ヨハネ・受難週)

▶️ (受難週・イースター)エルサレム入城・十字架・復活顕現