“己に死ぬ” ”一粒の麦”(聖書 おはこ ④)

▶️ ”逆説”(キーワード ⓪ 別格)

”己に死ぬ”

マルコによる福音書 8章34-36節、新共同訳、”イエス、死と復活を予告する”(並行箇所 マタイ16:21-28、ルカ 9:22-27)(新共同訳の見出しの範囲は8章31-9章1節まで)

▶️ ”逆説”(キーワード ⓪ 別格)

 それから、群衆を弟子たちと共に呼び寄せて言われた。
「わたしの後に従いたい者は、自分を捨て、自分の十字架を背負って、わたしに従いなさい。自分の命を救いたいと思う者は、それを失うが、わたしのため、また福音のために自分の命を失う者は、それを救うのである。人は、たとえ全世界を手に入れても、自分の命を失ったら、何の得があろうか。

(マルコによる福音書 8:34-36、新共同訳)
日時タイトル
672001.2
関西進学塾
説教と牧会の間
「岩井健作」の宣教学 ⑦
682002.3
神戸教会
イエスの最後を囲む人々
(神戸教會週報・説教要旨)
神戸教会牧師退任直前、復活前第一主日
702003.3
頌栄短期大学
「生きる」とは − 生きるとは、生かされること
(頌栄秋季キリスト教研修会 主題講演)
702003.8
川和教会
イエスの十字架を囲む人々
812014.9
学校名不明
生かされていればこそ
(高校生への一日研修)
822015.10
明治学院教会
自分が自分になる
信徒講壇⑲
822016.3
明治学院教会
蒔かれた種は成長する
明治学院教会での最後の説教

”一粒の麦”

ヨハネ福音書 12章24−26節、新共同訳、”ギリシア神、イエスに会いに来る”(並行箇所 なし)(新共同訳の見出しの範囲は12章20−26節まで)

▶️ ”種を蒔く” マルコによる福音書 4章1〜9節(聖書 おはこ ①)
▶️ ”洗足” ヨハネによる福音書 13章1〜11節(聖書 おはこ ②)
▶️ ”実を結ばない” ルカによる福音書 13章6〜9節(聖書 おはこ ③)

 はっきり言っておく。一粒の麦は、地に落ちて死ななければ、一粒のままである。だが、死ねば、多くの実を結ぶ。自分の命を愛する者は、それを失うが、この世で自分の命を憎む人は、それを保って永遠の命に至る。わたしに仕えようとする者は、わたしに従え。そうすれば、わたしのいるところに、わたしに仕える者もいることになる。わたしに仕える者がいれば、父はその人を大切にして下さる。」

(ヨハネによる福音書 12:24-26、新共同訳)
日時タイトル
662000.2信仰の株分け
(神戸教會々報 72)
672001.2
関西進学塾
説教と牧会の間
「岩井健作」の宣教学 ⑦
682002.3
神戸教会墓所
流れない時を生きる
納骨者記念式
692002.12
川和教会
祈り・葬儀
702003.11
岩国教会
生きることは生かされること
702003.11
頌栄短期大学
「生きる」とは − 生きるとは、生かされること
頌栄秋季キリスト教研修会
702004.5
早稲田教会
麦、この福音的なるもの(1)
麦、この福音的なるもの(2)
ペンテコステ礼拝
712005.3
戸塚教会
一粒の麦
712005.4
明治学院教会
麦、死と生の象徴
単立明治学院教会での最初の説教
(9月より牧師)
732007.6
横浜英和女学院
麦、福音的なイメージ
小学校・幼稚園教師聖書研究会
742008.1
断片として
イエスとニコデモ
引用される賀川豊彦の著作『一粒の麦』
742008.5
安中教会
聖書に出会えば、何かが起きる
安中教会創立130周年記念礼拝
772010.8
巣鴨ときわ教会
種を蒔く
802014.7
東京都民教会
実を結ぶ奉仕
812014.8
奥中山教会
それでも弟子の足を洗うイエス
822016.3
明治学院教会
蒔かれた種は成長する
明治学院教会での最後の説教
832016.10
東京都民教会
麦、福音のしるし