今、沖縄を想う。

「本土の人間に沖縄を語る言葉があるのだろうか」。作家大城立裕氏の問いかけだったように思う。その棘を覚えつつあえて語るとすれば、その言葉の内省はほんとうに深くなければならない。