昭和史に生きた痛快な軌道 井上喜雄(1984 書評・引用)

「信徒の友」1984年11月号 所収

書評『敬虔なるリベラリストー岩井文男の思想と生涯』
新島学園女子短期大学 新島文化研究所編 新教出版社 1984

井上喜雄氏:1984年執筆当時、東京都民教会牧師。1959年、文男さんが牧師であった丹波教会に伝道師就任。

【 目次 】
巻頭のことば…… 新島学園理事長 湯浅正次
刊行にあたって…… 新島文化研究所所長 高道基
Ⅰ 岩井文雄の思想
 1 説教
  a キリストを生き貫く倫理
  b 社会的解放と罪の解放
  c 信仰告白
  d 良心的牧師たらんことを
  e 虹を見る
  f 可能性に向かって
  g 良い樹が悪い実をならせることはない
 2 論文
  a 牧会日誌
  b 日本の農村と農村伝道
  c 農村におけるクリスチャン・ホームの形成
  d 平和論者で憶い出深い二人の故人
  e 民衆の倫理のなかへ
  f 同志社労働者ミッション並びに日本労働者ミッション成立前後
 3 回想
  a 同志社大学法学部時代
  b 同志社労働者ミッション
  c 同志社神学部へ入学
  d 日本基督教団成立の前後
Ⅱ 岩井文雄の生涯
 1 「社会的基督教」運動から農村へ……武邦保
 2 神学生時代と東京の開拓伝道……棟方文雄
 3 戦後の農村へ……三品進
 4 同志社大学時代……笠原芳光
 5 上州の地で……新藤二郎

岩井文雄関係年表
解題およびあとがき……原誠

「戦後の農村へー僕らの村の使徒行伝」三品進(1984 引用)