週報原稿(2010年8月8日)

2010.8.8(日)単立明治学院教会 週報用原稿
(単立明治学院教会牧師5年目、牧会51年目、健作さん77歳)

週報原稿 8月8日 聖霊降臨節第十二主日


8月8日(日)聖霊降臨節第十二主日

主の福音「うめきの言葉化」岩井健作牧師

旧約聖書 ヨブ記2章11節−3章10節
新約聖書 ローマの信徒への手紙8章26節−30節

交読詩編 詩編31編8節−17節

招き ホセア書12章7節

讃美歌21−54(聖霊みちびく神のことばは1、2、3節)
讃美歌21−288(恵みにかがやき)
讃美歌21−505(歩ませてください)
頌栄・讃美歌21−25(グロリア、グロリア、グロリア) 

子どもの祝福 子ども讃美歌(改訂)岩井牧師


次週8月15日(日)聖霊降臨節第十三主日

(サイト記:健作さんは日本基督教団 巣鴨ときわ教会にて「平和礼拝」説教「種を蒔く」、午後講演「私がたどった日本基督教団の50年 − 特に1980年代以降の宣教論の変遷」)


報告

*レモン家庭集会 8月4日、I.Kさん宅で。ルカ12章の「愚かな金持ち」と「思い煩うな」の箇所のルカ福音書の配列から当時の教会も財産や金銭、物への執着から自由になる問題に苦労していたことなどを察し、信仰の基本姿勢を整えることの大事さを語り合い、祈った。出席6名。

*夏期修養会。是非御参加下さい。申し込みNさんまで。9月6日(月)−7日(火)テーマ「ヨブ記を読む」場所・箱根強羅・青雲荘、サブ・テキスト『なぜ私だけが苦しむのか −現代のヨブ記』(岩波現代文庫1000円)をNさんが扱っています。

*個人消息 岩井健作牧師 次週8月15日(日)は日本基督教団 巣鴨ときわ教会の「平和礼拝」説教「種を蒔く」と午後の講演。

予告 下記集会を企画いたしました。今からお覚え下さい。

「地域の皆さん、同窓生の皆さんと共なる“講演と音楽”の集い」
10月30日(土)午後2時−4時半、横浜校舎チャペル

講演「弱さと強さと − 新しい文化を拓く」
阿部志郎先生(元明治学院理事長、神奈川県立保健福祉大学名誉学長、横須賀キリスト教社会館館長)
合唱:明治学院グレゴリーバンド有志
パイプオルガン奏者:Y氏(明治学院オルガニスト)
主催 単立明治学院教会

週報原稿インデックス