喜び、悲しみを共にする社会(2008 礼拝説教・ローマ・阪神淡路大震災から13年)

2008.1.13、明治学院教会(100)

(阪神淡路大震災から13年、単立明治学院教会牧師3年目、健作さん74歳)

ローマの信徒への手紙 12:13-21

1.初期キリスト教、特にローマの教会の信徒に向けて、パウロが「キリストの福音によって生きる新しい生活」について指針を示しているのが、この12章。

 9節から13節は、教会の内部の信徒同士への勧め。

 14節以下は、教会の外部の人々への関わりの勧め。

 ローマ社会は、皇帝が支配し、皇帝礼拝が行われている価値観の一元的社会。いわば縦社会。しかし、人間の社会は、その縦社会ですら「助け合う横社会」を細部で組み込んでこそ成り立つ。

2.横社会の部分は「福音による生活」と重なる部分である。

 しかし、ぶつかる部分がある。極端に言えば、迫害者とぶつかる。

 イエスの山上の説教には「敵を愛し、迫害する者のために祈りなさい」(マタイ 5:44)とある。

 パウロもこれを踏襲する。

「呪ってはならない」「祝福を祈れ」という。徹底して、人間関係を神の秩序から見る。

”自分で復讐せず、神の怒りに任せなさい。”(ローマ 12:19、新共同訳)

 それはイエスの振る舞い、十字架刑の最後を見つめている時にだけ成り立つ生き方。いわゆる、あるべき姿の理想としての倫理・戒律・律法ではない。

”悪に負けることなく、善をもって悪に勝ちなさい。”(ローマ 12:21、新共同訳)

「善」とは何か。

 イエスその人のことではないか。

3.外に向かう愛は、世の人々との共存を前提とする。

 彼らと共に喜び、彼らと泣くことができる時に、共存への祝福がある。

 喜びと悲しみは、人間の心の、最も直接的な共有である。

 喜びや悲しみを共にするのは、イエスの振る舞いそのものである。

 愛する弟子ラザロの死に直面して涙を流した(ヨハネ 11:35)。

 また、カナの婚礼の席では、味の良いブドウ酒をもって、一座を祝福された。

 今日のような競争社会では、他人の喜びを自分のこととするのは難しい。他人の成功は羨望嫉妬の的になるし、お互いの足の引っ張り合いになる。

 15節「高ぶらず」とある。19節には「復讐、報復は神に委ねよ」とある。これは自分をどれだけ「相対化」できるかに掛かっている。相対化の糸口は、喜び・悲しみの共有である。

4.街の喜び悲しみの窓口としての教会の牧師館での48年の思い出。

 色々な人が来る。門口の人の姿の中にイエスがおられるかもしれない、という訓練をされた。門前払いもしたし、騙されもしたし、知恵も学んだ。たくさんの嬉しい話もあれば、悲しいことも経験した。

5.見知らぬ車椅子の青年に出会ったこと。街の力。捨てたものではない。

6.精神科医・野田正彰さんは『国家に病む人々』(中央公論 2000年12月)で、”「北朝鮮棄民」極秘面接記”を書いている。を書いている(「週刊ポスト」連載)。それは単なるルポルタージュ文ではなくて、悲しむ力を宿した文章である。

7.「喜び、悲しみの共有としてのトランペット」(新聞の投書のお話)。

 自由な感性の与えられることを求めてゆきたい。


礼拝説教インデックス

◀️ 2008年 礼拝説教