ダビデとヨナタンの間(2006 礼拝説教・サムエル記)

2006.6.11、明治学院教会(35)、聖霊降臨節 ②

(単立明治学院教会 主任牧師として3ヶ月、
牧会48年、健作さん72歳)

サムエル記上 20:11-23

1.少し途切れてしまいましたが、再びサムエル記を学びます。

 サムエル記は旧約聖書の中の歴史書です。紀元前500年頃の作品。

「申命記史家」編集の書物です。異なる伝承を並べて記し、読者の判断に委ねつつ「申命記」の精神で、当時大国に追従する為政者への批判を「イスラエル王国史」として振り返りつつ語ります。

2.今日の箇所、「サムエル記上 16:14」から「サムエル記下 5:25」までの一連の物語の一部、「ダビデ王の台頭史」、サウル王との政権交替劇を描く著者は、歴史の細部を描きます。

 最近の「解放の神学」という民衆史のうめきの立場から聖書の歴史を見た、申命記が上層部の宮廷史であるという批判があります。

 しかし、歴史を細部の人間関係史として描いている妙味があります。

 例えば、「日本国憲法」を「押し付け」だと言う人がありますが、細部の物語では「いかに日本の関係者が参与したか」の生の物語を知らない暴言です。

3.この箇所の決定的テーマは「主はサウルを離れて、ダビデと共におられた」(サムエル上 16:14、18:12)という「王の交替」です。

 だが、それを描くのに、ヨナタン(サウルの王子、ダビデの妻の兄)という人物が、その交替に伴う決裂・断絶・別離・極度の緊張・涙の出来事を演じています。

 それは、政治史に欠落した精神史・人間関係史・信仰史を表現しています。

4.サウルはダビデに殺意を抱き、そのチャンスを伺います。

 サウルの王子ヨナタンは最も身近でその殺意を察し、ダビデをその危険から逃れさせます。その決意は固いのです。

”ヨナタンはダビデに答えた。「決してあなたを殺させはしない。”(サムエル記上 20:2a、新共同訳)

 しかも、退けられる王への悲しい敬意を持って、最後まで遇するヨナタンの人格の軋みが主題です。

5.涙の別れ。二つの別れがあります。

 一つは、父との別れです。内面的別離です。

 もう一つは、ダビデと友情の深みを確認する涙の別れです。童話『泣いた赤鬼』を思い起こします。

「主が常にわたしとあなたの間におられ」が繰り返されます。

”わたしとあなたが取り決めたこの事については、主がとこしえにわたしとあなたの間におられる。」”(サムエル上 20:23、新共同訳)

”ヨナタンは言った。「安らかに行ってくれ。わたしとあなたの間にも、わたしの子孫とあなたの子孫の間にも、主がとこしえにおられる、と主の御名によって誓い合ったのだから。」”(サムエル上 20:42、新共同訳)

 別離と友情は、矛盾しているようですが、一対の言葉です。

 神の歴史は、このような濃(こま)やかな細部を含んで進んでゆくことが慰めです。

「神の歴史」の一齣(ひとこま)でない生活の細部はないのです。



礼拝説教インデックス

◀️ 2006年 礼拝説教