祈祷集:『地の基震い動く時』から抜粋(2)

(サイト追記)1996年版、2005年版では若干異なるため、2005年版に近いものにしました。


 父なる神さま、私たちの街には、悲しみが満ち満ちています。また、沈み切った悲しみに立たない為政者や指導者への怒りが満ち満ちています。
 しかしなお、悲しむもの相互の内うちに、笑みを与え、交わりを与えてくださっています。イエスがそういう方であったことを思うと励ましと力が沸き起こります。混沌とする震災の只中を、この週も、意志的に生きることを導いてください。そして、自分に与えられている分の責任を生きるものとしてください。
 主イエス・キリストのみ名によって祈ります。アーメン

(1995.2.12)


 父なる神、私たちは、今朝も礼拝を新しい思いで守りました。地震で会堂を失ってしまった教会があります。それらの教会を支えて下さい。それぞれに与えられた新しい道を歩み始めることができますように。今より一層、私たちが、あなたのみ前での、そして隣人に対する不義を自覚し、悔い改め、ゆるされて生きることができますように。
 主イエス・キリストのみ名により祈ります。アーメン

(1995.2.19)


 父なる神、たくさんの難しいことが、この震災のあとの生活にはあります。あなたのみこころのあるところを、祈り、求め、歩むことを得させてください。
 主に在りて、アーメン。

(1995.3.5)

続きを読む