紅葉坂教会 2

 横浜の紅葉坂教会を前回とは違った角度から描いてみた。背景にすぐ前のマンションやランドマークタワーが入って都心の地が一層濃い風景になる。ここは神奈川教区の社会的集会の会場には頻繁に用いられる。

 牧師・北村慈郎さんが委員等の寿地区の集会はもとより、性差別、基地自衛隊、核問題、国家秘密法、多民族共生などなど、どれも現代の教会の宣教課題である。寿の炊き出しはJRで二駅先の公園で毎週金曜日に行われているが、それが「開かれた聖餐」の原点でもある。この教会は「聖餐」についての学習を長年重ね、北村牧師と共に「未受洗者陪餐」に踏み切った。教団は「不法な」手続きで北村牧師を、そのことのゆえに「免職」にした。こんなことがあってよいのか、と「教憲教規主義を標榜する教団現執行部体制」に強い憤りを持つ掲示板には1月30日の説教題が掲げてあった。”「岐路」北村慈郎牧師”と。北村さんを免職にした教団は、もはや近代日本に何の意味も持たない閉鎖宗教集団に陥る「岐路」に立っている。「北村牧師免職撤回」運動と同時に紅葉坂の姿勢を範としたい。


(サイト追記)日本キリスト教団 紅葉坂教会(外部リンク)

横浜市西区宮崎町 1 日本キリスト教団 紅葉坂教会