人々の知らない間に生まれたイエス(2007 礼拝説教・マタイ・クリスマス)

2007.12.23、明治学院教会(98)クリスマス礼拝

(単立明治学院教会牧師 2年目、健作さん74歳)

マタイ 2:1-12

1.聖書を読んで[第一に]気がつくことは、そのメッセージは「神」が主語で語られていることです。例えば

”初めに、神は天地を創造された”(創世記 1:1)

”神はその独り子をお与えになったのではなく、神がわたしたちを愛して……御子をお遣わしになりました”(Ⅰヨハネの手紙 4:10)

 ところが、人間の生き方は、ほとんど「自分」が主語で、自分中心ですから、神を主語にすることは難しいことです。

「神」を主語にしているつもりで「自分の神」が主語になっています。

2.詩を一つ紹介します。皆様も、きっとよく知っている詩です。

 マーガレット・パワーズ作「あしあと」です(訳者・松代恵美 1996、太平洋放送協会)。

 ある夜、わたしは夢を見た。
 わたしは、主とともに、なぎさを歩いていた。
 暗い夜空に、これまでのわたしの人生が映し出された。
 どの光景にも、砂の上にふたりのあしあとがのこされていた。
 一つはわたしのあしあと、もう一つは主のあしあとであった。
 これまでの人生の最後の光景が映し出されたとき、
 わたしは、砂の上のあしあとに目を留めた。
 そこには一つのあしあとしかなかった。
 わたしの人生でいちばんつらく、悲しいときだった。
 このことがいつもわたしの心を乱していたので、
 わたしはその悩みについて主にお尋ねした。
 「主よ、わたしがあなたに従うと決心したとき、
  あなたは、すべての道において、わたしとともに歩み、
  わたしと語り合ってくださると約束されました。
  それなのに、わたしの人生のいちばんつらいとき、
  ひとりのあしあとしかなかったのです。
  いちばんあなたを必要としたときに、
  あなたは、なぜ、わたしを捨てられたのですか、
  わたしにはわかりません。」
 主はささやかれた。
 「わたしの大切な子よ。
  わたしはあなたを愛している。あなたを決して捨てたりはしない。
  ましてや、苦しみや試みのときに。
  あしあとが一つだったとき、
  わたしはあなたを背負って歩いていた。」

(サイト記:引用部分、プリントでは漢字・ひらがな表記が混在していました。引用は正確ではないと思います)

3.聖書を読んで[第二に]気がつくことは、聖書の神は、人の姿で「飼い葉桶から十字架への道」を歩まれたということです。それを記したのが「福音書」です。

4.聖書を読んで[第三に]気がつくことは、イエス(人となった神)を知ったのは、人間の世界では、権力・富・地位・学識・能力に安住して、上昇志向を持つ人ではなく、周辺・底辺・弱者でありながら、なお助け合い、支え合い、慰め合っている人たちでした。

 東の博士たち、羊飼いはそれを象徴しています。

98-20071223

礼拝説教インデックス

◀️ 2007年 礼拝説教