初めてのホームページのお誘いの言葉(案)(2003 川和)

2003.12.23 当時の川和教会ホームページ用の文章

川和教会代務者 健作さん 70歳

ようこそ川和教会を訪れて下さいました。

 アプローチして下さったあなたと、この教会にどんな出会いが開かれていくのか、またひとときの触れ合いなのか、私たちには全く分かりません。でも、これをお読みいただける事は感謝です。教会は究極的には「神の導き」を信じるところですから、それは「神に」ゆだねる他ありません。

 ただ、私たちは、無条件に「神」という観念にゆだねて、実は、自分の恣意的思いに気が付かないと言うほど無自覚ではありません。何しろ「神」の名で戦争が正義としてまかり通る時代なのですから。宗教を信じる事が心の安らぎになり、生きる意味を探り、あるいは人が孤立しないで助け合っていく生き方を支えるものとなっている事は大切な事です。そうであればこそ、そのことを深く求めていきたいと願っているのが、私たちが心掛けている「教会」への繋がり方です。

 私たちは常に「求道の心」で教会につながっていきたいと思っています。その道連れになっていただけるなら、あなたが教会に足を運び、挨拶を交わし、一緒に日曜日の礼拝をして下さる事を心から歓迎いたします。

 礼拝は日曜日の午前10時30分からです。川和教会はプロテスタントの教会ですが、どちらかといえばリベラルな(いろいろな考えを受け入れていく)教会です。交通の便から言うとそんなに便利な所ではありません。でもバス停のすぐ近くです。また、教会と深い関係にある川和保育園の駐車場を日曜日はお借りしているので、自家用車で来て下さる事ができます。

 教会では何よりも聖書を読み、学び、そこから「神の言葉」を聴きとっていきますので、聖書(『新共同訳聖書』)をお持ちであればご持参下さい。お持ちでなければ教会にはもちろん備え付けがあります。お出かけ下されば大変嬉しいです。