愛は多くの罪を覆う(2003 川和・感話)

2003.5.18 掲載誌不明(川和教会代務者、健作さん69歳)

ペトロ第1 4:7-11

 教会の掲示板に「愛は多くの罪を覆う」という聖句を書きました。

 それに「心惹かれて」と、礼拝に若い女性が来られました。やがて、神の赦しの愛を体験されました。それは、例の「あしあと」という有名な詩の最後の部分の意味を悟った喜びの体験にも似ていました。

「苦しみや試みの時に、あしあとがひとつだったとき、わたしはあなたを背負って歩いていた」。

 イエスとはそんな方だと知って、彼女は新しい人生へと歩み始められました。

 イエスの愛を基として、励ましあっていくのが教会です。

 歴史の現実の教会は、愛の完成に向かって、絡み付く罪との闘いを課題として与えられています。

「ペトロの手紙」が宛てられた教会も、異教徒からの迫害の中に置かれていただけに、教会の信徒同志の交わりの質が、神の赦しの愛に裏打ちされたものであることを強く求められました。ペトロ第一の手紙4章7節の「思慮深く、身を慎んで、よく祈りなさい」以下の言葉は、その勧めです。

 現代の教会の状況でも身につまされます。しかし、この書簡の「愛」は「内向き」への傾斜が強いのです。

 それに比べて、箴言10章12節「愛はすべての罪を覆う」は「憎しみはいさかいを引き起こす」世界に向かっての切り込みがあります。愛は「すべて」に立ち向かう力であります。