子ども追悼コンサートの挨拶文 震災から7年(2002 追悼)

2001.12.18執筆、2002年 大地震子ども追悼コンサートのパンフレット裏表紙

(神戸教会牧師 健作さん68歳)

 地震から7年。

 あの時、和雄君は15歳。芳子さんは12歳。兄妹(きょうだい)そろって、帰らぬ人になりました。あれから7年。だからといって、今は何歳?といっても、イメ−ジは湧いてきません。

 この間、お二人のお父さんにお会いしたら「芳子宛てに、貸衣装屋さんから、成人式の衣装広告の、ダイレクトメールが届きましてねー。ひとの気も知らないでって、家内が怒って破って捨ててしまいました」とのお話。世の中ってほんとうにその程度なのですよね。悲しいけれど。

 外見的には、あなた方のご両親だって、ひたすら働き続けて、お仕事のお店も立派になりました。

「でも、まだ、こどもたちの死とは、ほんとうには向かいあってはいないのです。だから、ひたすら毎日働いて、そして生きるのでしょうね」

 とポツリと言われたお父さんの言葉が、妙に心に刺さっています。親しい者の死と向かいあう、それは心の痛みです。でも、ほんとうに、親しい者と、死を通してさえも向かいあいたい。きっとその日がくる。

 もしかしたら、人生の希望って、そのことに促されて生きることなのでしょうか。「死」を忘却の彼方に置かないで、とあなた方の存在が呼び掛け続けているのです。それは私たちへの励ましです。

 ニューヨークで、アフガニスタンで、理不尽な歴史のきしみのなかで亡くなった人達は、私たちに代わって死を負い続け、そのことを叫んでいるのかもしれません。

 今年も、このコンサートにお寒い中、お出かけくださって、本当にありがとうがとうございました。

2003.1、 子ども追悼コンサートの挨拶文 震災から8年

2004.1、子ども追悼コンサートの挨拶文 震災から9年

2005.1、子ども追悼コンサートの挨拶文 震災から10年