『聖書を歴史的に読む』SCM叢書 ②

岩井健作著
SCM(社会的キリスト教運動)研究会  1994年9月15日 改訂版発行 
定価650円 

第1章 マルコ福音書の語りかけるもの 十字架の道に向かうイエス
第2章 マタイ福音書が担ったもの 伝統の継承と変革
第3章 ルカによる福音書を読む視点 富める人々のキリスト教
第4章 ヨハネ福音書の思想 苦難の中での希望
第5章 コリント信徒への手紙を読む試み キリスト者のパフォーマンス
第6章 マルコ 1:14-15が語るもの 神は歴史の細部に
第7章 歴史的に聖書を読む中で キリスト教と戦争責任 – 日本基督教団「戦責告白」の評価と問題点 –
第8章 日本基督教団の状況 身のまわりのキリスト教